家づくりを検討するときに役立つ!?CLT住宅の基礎知識を初心者にも分かりやすく解説

このサイトでは、家づくりを検討するときに役立つ、CLT住宅の基礎知識を初心者にも分かりやすく解説しているのが特徴です。
最近では非常に強度の高いRC構造が注目されるようになっていますが、これはコストが高いため一般の人ではなかなか手に入れることができないと言うデメリットがあります。
このサイトでは、木材が持つ高い断熱性能を活かすことができることや、耐震等級3を満足するため安心して利用することができることなどを、具体例を挙げて詳細に解説しています。

家づくりを検討するときに役立つ!?CLT住宅の基礎知識を初心者にも分かりやすく解説

最近では長く住む家を建てたいと考えた場合、耐震強度に優れた住宅を選びたいと言う人が増えています。
近年では特に日本国内で多くの地震が頻発しており、そのために地震に強い家づくりをしたいと言う人が多くなっているのが実態です。
強度の高いRC構造はその期待に応えるものと注目されてきましたが、鉄筋であるため価格が高く、一般の人にはなかなか手が届かないと言うデメリットがありました。
近年注目されているCLT住宅は木造でありながら高い耐震性を維持することができるため、多くの人の注目を集めています。
またCLTは木造であることから、日本古来の肌の風合いを損なわないことも魅力的な要素です。

CLT工法の家は木の温もりを持ち高い強度および耐熱性を兼ね備えた建材を利用した住宅

今後増加する可能性が高い住宅の建材には、CLTと呼ばれる新素材が該当しています。
これまで採用されてきた無垢材や合板とは異なり、いくつもの木材の層を縦と横に貼り合わせを行った資材になり、厚みがあり強度がかなり高いことが特徴です。
今まではRC物件でしか対応できなかった構造でも、CLTを採用すると十分な強度によって作り上げることを可能にしています。
例えば2階部分にせり出したベランダを作ることができたり、屋根部分を長くする際にも問題とせずに対応できます。
強度だけではなくCLTには断熱性が非常に優れているメリットもあり、気密性の高い資材も該当し、レンガとの比較では約3倍、コンクリートとの比較では約10倍となるために、木の温もりを感じられる素敵な住宅にできるだけではなくエコな環境も作り出せる新素材です。
面で支える工法になることも特徴とされ、大地震が発生した際にも被害を受けにくい家作りも可能としていることもメリットになるのではないでしょうか。

CLT住宅はラミナを並べて繊維方向がクロスするよう積層接着した木質系材料を使った家

住宅建設においては、どのような部材を利用するかによって施工に要する期間や耐火性や耐震性が異なってきます。
そのようなことから様々な部材の開発が行われてきていますが、一般住宅建設において新たな木質系材料が開発されて来ています。
このような新材料を活用することにより、これまでに見られないような新たな家屋の建設が可能になってきました。
CLTとは、複数のひき板を繊維方向が直交するように交互に重ねて接着したものです。
大変強い強度と材料の安定性が実現されてきており、従来木造では難しいと言われた高さの建物も建設ができるようになってきました。
このようにCLTという新たな技術を利用することにより、昔からの木造建設と近代的な機能性を持った建物というものが融合できるような環境が整いつつあります。
従来の鉄筋コンクリートの建物の一部が、木造家屋になるという日もそう遠くないかもしれません。
そのようなことが可能になれば、無機質なコンクリートだらけの建物という雰囲気も変わってくるでしょう。

CLT住宅に利用する木質系材料は厚みのある大きな板で構造材や土木用材で橋にも利用

建設業界においては、日々新たな材料の開発が行われてきています。
一時期は、強度のある建物といえば鉄筋コンクリートで作られたものであるというふうなことが常識だったのですが、家屋などについてそのようなことが一部変わってくるようになってきました。
木質でできたような部材を利用しても、十分な強度を持つ材料が開発されたからです。
CLTとは、ある程度厚みのある複数のひき板を繊維の方向が直交するように組み合わせ貼り付けたものです。
このような特質からCLTは、従来の木質材料で言われていた様々な弱点を克服することができるようになってきました。
この材料を用いることにより、木造では難しいと言われた階数の建物も建てられるようになってきています。
この材料の優れた特質はその他の所でも利用されています。
住宅用のみならず、土木作業などで利用される際の無罪としての使用も行われるようになってきました。
従来の木造材料では欠点と言われた、水分を吸収すると形が変わってしまうということも克服されています。

CLT住宅の工法は中層建築物にも活用されている

木造の建築物にはさまざまな種類の板材が使われていますが、その中でも人気が高いものの1つがCLTです。
CLTとはCross Laminated Timberの略語で、その名の通り繊維方向がcrossすなわち垂直に交わるように複数の板材を接着させた合板です。
繊維が交差することでそれぞれの方向からの強度が高まるとともに、反りや寸法の狂いが生じにくいという特徴があります。
CLTはパネルの状態で工場から出荷され、建築現場でそのまま組み上げられるため、工期が短くて済みます。
さらに、パネルをそのまま構造材として利用することで建物の荷重を面で支えることが可能になるため、柱や梁などで支える軸組工法よりも高い強度を保つことができます。
いくつかの実験ではコンクリートに匹敵する強度があることが証明されていますが、重量はコンクリートの5分の1程度です。
こうしたことから、CLTは平屋や2階建ての個人住宅のみならず、最近では共同住宅などの中層建築物にも使われる例が目立ってきています。
海外では、複合商業施設への使用例も見られます。

CLTに関する情報サイト
CLT住宅について知ろう

このサイトでは、家づくりを検討するときに役立つ、CLT住宅の基礎知識を初心者にも分かりやすく解説しているのが特徴です。最近では非常に強度の高いRC構造が注目されるようになっていますが、これはコストが高いため一般の人ではなかなか手に入れることができないと言うデメリットがあります。このサイトでは、木材が持つ高い断熱性能を活かすことができることや、耐震等級3を満足するため安心して利用することができることなどを、具体例を挙げて詳細に解説しています。

Search